新規開拓営業の鉄則でやるべき事


新規開拓営業の鉄則です
飛び込み営業をしていると
今は忙しい、又にしてくれと言われる事
あると思います

皆さんは、どの用に対応していますか?

大手の企業であれば、受付がきちんと
マニュアルが有るので、対応してくれます
ですから、大体の事は分かります

しかし、中小企業になると誰が対応するのか
マニュアルは有りません

ひょっとして、営業マンかも分かりません
もしかして社長かも分かりませんね

そのような場合貴方はどうしますか
新規開拓営業の鉄則として
覚えて置くと良いですよ

例>>
1>分かりましたとそのまま帰る
2>後日伺います、パンフレット置いてくる

1は、余り関心しません
2は、まあまあかなと言う感じです

私は、この用に対応しています
1>今日もう一度お時間のタイミング見計らって
  参ります、お昼休みの前後でしたら大丈夫ですか
2>分かりました、又改めてうかがいます、どの時間
  でしたらご都合つきますか


自分をアピールしながらトークするこれが
新規開拓営業の鉄則です

しかしお客様の状況を察知して下さい
今は忙しいのでしゃべらないでとの口調でしたら
申し訳ございませんと引き下がらないといけません

私の経験ですが、
新規物件で、工事中の時に訪問を良くします
新規物件の契約率は高いからです

その場合は、現場監督に情報を聞きます
引渡し、摂取さんの訪問はいつか

やはり新規物件は、私だけでなく他の業者も
営業にきます

監督も同じ対応を何度もしなければ
いけません
その場合は注意が必要です

私の場合は30年以上営業してますので
同じ監督に良く会います

ご苦労様です、から入ります
それでジュースの一本で渡します

生の情報が聞けます
新規開拓営業の鉄則として
覚えて置くと、新規営業には、有利かと思います

スポンサードリンク


posted by 飛び込み営業成功 at | 飛び込み営業極秘ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
ブライダルネットとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。