住宅販売の営業の基本編


住宅販売の営業はお客様の発想を変える事です
お客様が社宅にいるので3年後に考えると言った場合

営業マンはその考え方は逆に損ですよと
お客様に教えてあげる

住宅販売の営業のお客様の条件設定
1>社宅に住んでおり家賃3000円払っている
2>土地は持っている
3>預金支払い能力には問題なし


images.jpg

この様な場合は
1>建築費が高騰しています表を見せて説明する
2>お客様に最低0%建築費が上昇すると考えているか聞く
3>最低の建築費の上昇で計算しても莫大な家賃を支払って
  いることになる決して得でない事を説明する


住宅販売の営業
1000万X0,07%÷12=58330
58330+3000=61330/月
このような計算になります

住宅販売の営業マンはお客様に
メリットが有る用に引き出しを多く持ち売りたいが
為の営業でなくお客様に喜んで貰える営業をする事を
忘れないで下さい

スポンサードリンク


posted by 飛び込み営業成功 at | 営業の効果を2倍にするトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る
ブライダルネットとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。